相互リンクサイト更新情報

------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀盤カレイドスコープ〈vol.7〉 銀盤カレイドスコープ〈vol.7〉
海原 零 (2006/06)
集英社
この商品の詳細を見る


<簡略ストーリー>
冬季バンクーバー五輪を見据え、単身ロシアへ乗り込んだ桜野タズサ。
ガブリーと交わした秘密の約束を果たすべく、狙うは世界の頂点のみ。
ところが、新たに組むことになったコーチが困りもので手に負えない。
正論を盾に、無理難題のやりたい放題。
今年こそ初の五輪メダル獲得はなるか?
ガブリーとの秘密との約束とは一体?
満を持して、桜野タズサ伝説の章、ここに始動。

※以下レビュー部分はネタばれを含みますのでご注意を。

まずはガブリーの本格的な登場が始めてですね。
今まで絡むことのなかった組み合わせだけに楽しみで。
聖女と呼ばれるガブリーと、世界の敵で知られるタズサですからね(苦笑)
何の為にスケートをやっているのか、と聞かれると。
世界の人々に喜んでもらう為にと答えるのがガブリーだったり。
ただここでアスリートとして、人間として、勝利を渇望し。
そして、一直線に世界の頂点を臨んでいく姿が眩しいくらいです。

タズサの新コーチ、マイヤとの出会いはもう何とも(苦笑)
実際に絵にしてみたりするともっとより印象的だったんでしょうけど。
こんな練習をずっと続けていくのかと思うと感服する限りですね・・・。

あと最後に、リア自宅を訪れてからの百合っぽい展開が物凄いです。
今回がスケートのプログラムに対しての注釈が入らなかっただけに、ここぞとばかりに力を入れている感じですね~。
電車の中とかだと多分恥ずかしくて読めない(苦笑)

次の8巻がカレイドスコープ最終巻ということですが、本当に終わるのかは少し怪しいですね~。
大好きなシリーズで終わってほしくないと思う半面、実際は2巻で完結していたような話をこれ以上延ばして欲しくないという面も。
あーでも、やっぱり終わって欲しくない!
待ち遠しいやら出て欲しくないやらで、次巻を楽しみにしています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://pureveil.blog58.fc2.com/tb.php/98-0f2561d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。