相互リンクサイト更新情報

------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムシウタ 07 夢遊ぶ魔王 ムシウタ 07 夢遊ぶ魔王
岩井 恭平 (2006/05/31)
角川書店
この商品の詳細を見る


"虫憑きが消える街"を調査せよ、特環局員である有夏月が命じられ、向かった先は北中央支部だった。
潜入先の学校では愛恋という少女によって、報道部へ強制的に入部させられてしまう。
美術館のドッペルゲンガ-に人喰いの廃病院、天使が舞い降りる電波塔。
街で起こっている何かを、そして街を脅かそうとしている魔王の痕跡を取材していくうち、有夏月は生まれつつある真の魔王と相対することに。
虫に囚われ狂いだす、少女の歩む勇者の道は一体どこへ向かうのか?
それは電波的な彼女による、最高で最悪の大スクープ!
世界はついに真実を知ることになる。

※以下レビュー部分はネタばれを含みますのでご注意を。

今回は有夏月・月姫が次の舞台へ上がっていくためのお話です。
事実からずっと目を背け、そして"かっこう"を恨み続けていた彼が復讐という鎖から外れ、自分の戦いをやっと見つけます。
レイディー・バードと被るところが何かと多かった彼ですが、これでやっと無念のままに散っていったレイディーが望んだ未来を目指していけるんじゃないかなと思います。

この先の展開で気になるのは、むしばねのメンバーが大喰いの能力を知った後かな。
ふゆほたるを倒していまえば大喰いも倒せるという連鎖を、どこまで今の態勢で抑えられるかですね。
そろそろ次の卷くらいでその話にならないかな~と期待してます(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://pureveil.blog58.fc2.com/tb.php/76-0eb9d5ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。