相互リンクサイト更新情報

------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は帰宅中の買い物で何と「銀盤カレイドスコープ」のコミック版を発見しました!
マーガレットとかはさすがに普段からチェックしてなかったのでこれは嬉しい発見でした(笑)
ただどうやら2巻でコミック版は完結ということで、2冊だけ買ってきました~。
ちょっと比較でノベル版も載せておきますね~。

・銀盤カレイドスコープ・コミック(全2巻・完結)
銀盤カレイドスコープ 1 銀盤カレイドスコープ 1
長谷川 潤、海原 零 他 (2006/01/25)
集英社
この商品の詳細を見る
銀盤カレイドスコープ 2 (2) 銀盤カレイドスコープ 2 (2)
長谷川 潤、海原 零 他 (2006/05/25)
集英社
この商品の詳細を見る


・銀盤カレイドスコープ・ノベル(1~6巻)
銀盤カレイドスコープ〈vol.1〉ショート・プログラム:Road to dream 銀盤カレイドスコープ〈vol.1〉ショート・プログラム:Road to dream
海原 零 (2003/06)
集英社
この商品の詳細を見る
銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all? 銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all?
海原 零 (2003/06)
集英社
この商品の詳細を見る


<簡略ストーリー>
カナダ人幽霊・ピートにとり憑かれたアイススケーター桜野タズサ。
フィギュアスケート五輪代表を勝ち取ったものの、生意気な性格がたたりとんでもないスキャンダルを引き起こしてしまう。
ピートとの最後に歩む最後の道、五輪出場は無事に?
タズサとピートが生み出した奇想天外な演技プログラムとは一体!?
銀盤カレイドスコープ・ノベルのコミック化、完結編!

※以下レビュー部分はネタばれを含みますのでご注意を。
という訳でコミック版が発売していた訳ですが、出たばかりの2巻で完結になります。
ノベルを読んでいないと分からないかもしれませんが、タズサにとり憑いていたピートとの最後の夜、五輪のスケートプログラム・フリーの最終日までですね~。

少しずつ原作を削った上でタズサの性格を少女漫画風にアレンジ、コメディ化した感じかな。
ノベルの性格をそのままマーガレットに持ってくるときついっていうのがあったのかもしれませんね(苦笑)
ただ私はあの原作の強気一直線のタズサがすきだっただけに残念でしたねー。
目標とはまた違うけど、憧れの人物像の一人になってますし、いろいろ変わってるとよく言われますけど(笑)
アニメ化もしているんですが、こっちでも同アレンジしているみたいですね。
読むのならノベル→コミックの順がおすすめです、コミック→ノベルはちょっとタズサの性格のギャップがね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://pureveil.blog58.fc2.com/tb.php/71-8462470d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。