相互リンクサイト更新情報

------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ 少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ
結城 光流 (2005/12/28)
角川書店
この商品の詳細を見る


少しづつ本が減ってきたかなー?ということで、一度改めて積んでいる本を数えてみました。
・・・29冊、いつか読み終える日は来るのかなぁ。
ちなみに明日の買い物でまだ増えますよ?(笑)
そんなわけで今日は角川ビーンズ文庫より「少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ」です。

<簡略ストーリー>
天狐騒動が落ち着き、安部清明の後継・昌浩もまた平和な日々を送っていた。
その中、丸玉など何かとお世話になっていた道反の巫女のもとへ御礼をするため、神将たちと共に出雲へ向かうことに。
だが時を同じくしてその頃、平和を打ち壊すかのように道反の聖域が何ものかに襲撃されていた!
謎の襲撃者が狙うは、荒魂を蘇らせるカギを手に入れること。
平安の空の下、再び新たな物語が紡がれる、ついに新章開始!

※以下レビュー部分はネタばれを含みますのでご注意を。
前巻で天狐編が終わったのもつかの間、今度の敵は道反の関係者らしいです。
ファンタジーばかり読んでいたせいでしょうか、日本名のキャラクターは覚えにくくて・・・。
まだ今巻のキャラクターは正確には把握できてません(苦笑)

襲撃者の片割れが安置されていた風音の体をのっとって・・・何が何でも止めようとする六合に対してここできました。
出雲編で風音から預かっていた勾玉に、実は風音の魂が封じられていたとか!
魂だけになっていても六合の窮地を救い、愕然としますねこれは・・・。
六合の超かっこいいシーンが、また次巻でも期待できそうです(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://pureveil.blog58.fc2.com/tb.php/40-c988b15b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。