相互リンクサイト更新情報

------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お・り・が・み 光の徒 お・り・が・み 光の徒
林 トモアキ (2006/02/28)
角川書店
この商品の詳細を見る


通勤中の電車の中でニヨニヨしながら読んでました、最近は慣れてきて人の目が気にならなくなり始めましたね(危険)
最近の中では断トツに自分の中で好きな本ですね。
という訳でライトノベルレビューより、今日は「お・り・が・み 光の徒」です。

<簡略ストーリー>
国立展示場がテロリストにより襲撃、その場にいたほぼ全てを人質にのっとられる。
警視庁特殊捜査班や機動隊が突入するも、あえなく全滅。
必然的に国家の期待は関東機関に集められるが、魔物の急襲により壊滅においこまれてしまう。
沙穂が殺され、貴瀬も二人の魔人により捕縛されてしまう中、勇者・翔希とシスター・クラリカが脱出に成功。
ただそこで信じられないことをマリーチに告げられる。
「事件を裏で操っているのは魔王・名古屋川鈴蘭です」
絶対絶命の中で事件は解決を迎えるのか、そして一体真相は!?
遂に佳境を迎える、痛快フルバトルアクション。

※以下レビュー部分はネタばれを含みますのでご注意を。
今回はクラリカの為のクラリカによる本っていうほど、神殿側の話が濃い一冊でしたね~。
基本的に魔王側やアウターの方が好きなんですけど、今回はただのイカレシルターだと思っていたクラリカの内面が浮き彫りになって、主へ仕える強いシスターの心が輝いてました。
あれだけ何かを強く信じていられたら、とちょっと思ったりで。

一番ここは!って思ったのはやっぱり貴瀬の人が人間じゃなかったところかな。
まさかさすがにドラゴンとか思ってなかったので、えぇぇぇぇぇっていう感じで、思わずちょっとふいたし(笑)
あとは次で最終巻ということなので、今回複線に使われていた沙穂ちゃんの復活に期待で!
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://pureveil.blog58.fc2.com/tb.php/18-c5294598
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。