相互リンクサイト更新情報

------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジューンブライド上等。 ジューンブライド上等。
三浦 勇雄 (2006/05)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


これだけは自信をもって言えると思う。
今まで読んだ本の中で、私はこの作品が一番大好きです。
他にも好きな本はいろいろとあるんだけど、これは別格じゃないかと思います。
もちろん人によってそれは様々なんですけどね。
長い間いろいろと本を読んできて、こういう出会いがあるのなら、本当に最高だなと思いました。

<簡略ストーリー>
六月初旬のある日の夕方。
テレビを観ながらうどんをすすっていた鉄平の元に、いつものハイテンションで槍ヶ岳が現れる。
「六月って、何かイベントあったっけか?」
「今日はゆかりさんの婚約式です」
「え、ちょ、待てよ?なんつった?」
ゆかりが自分になにも知らせず婚約なんてするわけがない!とは思いつつも、今回ばかりは様子がおかしいという槍ヶ岳に押され、会場となる鉄平だったが・・・。
疾走するハイテンション青春エンタテインメント、ついに人生を懸けた一大決心!

※以下レビュー部分はネタばれを含みますのでご注意を。

クリスマス、バレンタイン、ホワイトデーと来まして、今回は何のイベント!と実はかなり期待してました。
全部カタカナだし、とかどうでもいいことを考えてるともう全然思い浮かばなかったんですけど(苦笑)
そこでジューンブライドと来たので、もうこれは即お持ち帰り決定でした。
一度お金が足りずに家まで戻ったのは秘密です。

あとあと重要な本編へ。
衝撃的だったのは鉄平が海に突き落とされるシーンでしょうか。
ハヤミミコトのリベンジ!ということですが、今回は今までで一番復讐者としての味が出ている感じでした。
住んでいた世界を失い、自分自身をも失った。
そんな失意の念というのがすごく伝わってきましたね。
今までは復讐者としても結構半端だったかなという感じだったんですけど、今回は一回切れてるだけにストレートでしたしね。

あとこの場面のゆかりについて。
彼氏の死に様を、しかも見せ付けられるという形とかもうね・・・。
さすがにストーリー的に死ぬということは考えられなかったけど。
この展開はーーーーーーー!?って結構びっくりでした(笑)

もう一つ絶対これは抜かせないでしょう、というかこっちがメイン(笑)
結婚式で花嫁奪取、というのは結構よくあるんですけど!
婚約式で婚約止めようとして横取りプロポーズとか。
しかも止めようとしてうっかり間違ってプロボーズとかね(苦笑)
大企業であるKOTOの次期社長であるというバックがある以上、鉄平もゆかりも一筋縄で未来になるでしょうけど、二人ならきっとやれるとそこは信じて!

この巻で上等シリーズでは一段落ということなんですけど、続き欲しいよ続き!
今日本屋を見てきたら短編集が出てたので明日?買いに行く予定ですv
短編集はエクストラ上等。だったかな、次も楽しみにしてますよ~!
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://pureveil.blog58.fc2.com/tb.php/126-dff469be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。